ヤングゴールドカードのメリット

ゴールドカード比較

ヤングゴールドカードは、年齢制限によって通常のゴールドカードを取得できない若年層向けの
ゴールドカードですが、ヤングゴールドカードならではのメリットもいくつか存在します。ヤングゴールドカードのメリット

ゴールドカードTOP > ヤングゴールドカードのメリット

ヤングゴールドカードのメリット

ヤングゴールドカードの主なメリットは、大きくわけて以下の3つが挙げられます。

20代でもゴールドカードを取得できる

ヤングゴールドカードのメリットは、何と言っても若年層でもゴールドカードを所持できる点にあります。

収入面は努力次第で何とかなりますが、年齢ばかりは努力でどうにかなるものではありません。『30歳以上』という条件が提示されていたら、30歳になるまでただひたすら待つほかないわけです。

そのため、支払い能力はあるのに『若いから』という理由だけでゴールドカードを入手できず、悔しい思いをした人はこれまでにたくさんいました。

この問題を解消したのがヤングゴールドカードです。ヤングゴールドカードの登場により、30歳になるまで待たなくてもゴールドカードを手に入れることができるようになりました。

ヤングゴールドカードは、ビジネス面で今すぐ活用したい人や、海外旅行でのサービスを利用したい人にとっては非常に大きな意味を持つカードとなっています。

年会費が安い

ゴールドカードの唯一のデメリットと言われる年会費

通常、ゴールドカードの年会費は1万円台が主流となっており、高額なものになると2~3万円に設定されているものもあります。

もちろん、ゴールドカードにはそれだけの年会費を払う価値のあるサービスや機能が付帯されているわけですが、それでもカードの維持に年間1~3万円かかるのは痛手ではあります。

ヤングゴールドカードは、一般的に30代より年収が低い(と思われる)20代向けに提供しているカードなので、年会費が通常のゴールドカードより安く設定されています。

一例を挙げると『JCB GOLD EXTAGE』、『UFJヤングゴールドカード』はそれぞれ年会費3,150円と、通常のゴールドカードの3分の1程度となっています。

ゴールドカード並の機能とサービス

年会費は安いのですが、そのぶんサービスで劣るのかというとそんなことはなく、付帯サービスは通常のゴールドカード並に充実しています。

空港ラウンジの無料利用や国内外旅行の傷害保険はもちろん、ショッピング保険も付帯しています。

また、利用限度額も50~100万円程度と通常のゴールドカードに近いものがあります。

他に、ホテルやレストランなどで利用できる優待制度や、ショッピングの際のポイント制度も活用できるので、通常のゴールドカードと遜色ない使い勝手が期待できます。

ゴールドカードへの切り替えが有利

ヤングゴールドカードは20代向けのカードなので、30歳になると自動的に通常のゴールドカードへの切り替えが検討されます。

切り替え時にはカード会社からの審査がありますが、何もない状態からいきなりゴールドカードに加入しようとするより、ヤングゴールドカードで一定の優良な利用実績を挙げている人の方が審査を通りやすいというメリットがあります。

ゴールドカード並みの機能とサービスを利用しながら、通常のゴールドカードを有利に取得するための下積みを行えるところもヤングゴールドカードならではの特徴と言えるでしょう。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

日本初の老舗ゴールドカード!世界で通用するセレブ感!S
www.americanexpress.com

セゾン プラチナアメリカンエキスプレスカード

一生のパートナーとしてワンランク上のライフスタイルを提案!
www.saisoncard.co.jp

MUFGカード ゴールド

ご入会サンクスプレゼント実施中!最大1600ポイントプレゼント!
www.cr.mufg.jp

先頭へ戻る

Copyright (C)   ゴールドカード比較ランキング All Rights Reserved.