ヤングゴールドカードの審査基準

ゴールドカード比較

ヤングゴールドカードを手に入れるためには一定の審査基準をクリアする必要があります。ヤングゴールドカードの審査基準

ゴールドカードTOP > ヤングゴールドカードの審査基準

ヤングゴールドカードの審査基準

気になるヤングゴールドカードの審査基準ですが、もともと若年層向けのゴールドカードなので、審査基準は通常のゴールドカードより若干甘めになっています。

20代向けのゴールドカードなので、共通の入会資格としては『満20歳以上30歳未満の安定継続収入のある人』となっています。

年齢以外は『安定継続収入のある人』という漠然とした表現であり、さらに基準もカード会社ごとに異なることから、一概に『年収○○万円が基準ライン』と言うことはできません。

ただ、実際にヤングゴールドカードを取得した人たちの統計や、通常のゴールドカードの審査基準を考慮すると、ある一定の基準ラインのようなものは見えてきます。

ここでは、ヤングゴールドカードの審査基準の目安についていくつか紹介します。

ただ、カード会社が明確な情報を開示していない以上、絶対的なものではありえないので、以下の基準を満たしても取得不可能である場合もあります。あくまで目安として参考程度にとどめておいてください。

年収

通常のゴールドカードを取得するために必要な年収は500万円以上とされています。

国税庁が発表している平成20年度の『年齢階層別の平均給与』を見ると、30代前半の平均年収は398万円、30代後半は447万円となっています。

つまり、平均年収の50~100万円上乗せ分程度が審査基準になっていることになります。

同様に20代の平均給与額を見てみると、20代前半は248万円、20代後半は343万円となっています。

これに50~100万円を上乗せしたものが審査基準と考えると、平均年収は400万円以上となります。

ただし、近年のゴールドカードは、時代に合わせて審査基準が若干引き下げられている傾向にあります。

そのため、年収300万円台でも、無事故ならヤングゴールドカードを取得できる可能性があると考えられるでしょう。

勤続年数

ヤングゴールドカードの場合、年収よりも重視されると言われているのが勤続年数です。

原則として、ヤングゴールドカードは学生以外の20代なら申込み可能ではありますが、卒業したての新入社員である場合、取得は困難になると考えられます。

ただし、社会的に信用のある大手企業や、公務員などの場合は、たとえ新入社員でも安定性を見込んで審査をパスする可能性はあります。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用実績のことです。

利用残高や返済状況、入金状況などの情報が細かく記されており、カード入会申込みを受けたカード会社は、必ずこのクレジットヒストリーを参照し、入会の可否を決定します。

現在どのくらい借り入れがあるのか、過去に支払いの延滞はないかなど、マイナス面は非常に厳しくチェックされるので、過去にカード利用上問題を起こした人はカード入会時のマイナス要素となってしまいます。

逆に、これまで延滞もなく、かつ毎月継続的にカードを利用している人は、優良会員としてカードヒストリーに刻まれていますので、入会審査の際、プラスポイントとして働きます。

カードヒストリーはすべてのカード会社が共有できる情報なので、カードヒストリーに問題がある場合は、どこのカード会社を受けても審査を通らない可能性が高いと言えるでしょう。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

日本初の老舗ゴールドカード!世界で通用するセレブ感!S
www.americanexpress.com

セゾン プラチナアメリカンエキスプレスカード

一生のパートナーとしてワンランク上のライフスタイルを提案!
www.saisoncard.co.jp

MUFGカード ゴールド

ご入会サンクスプレゼント実施中!最大1600ポイントプレゼント!
www.cr.mufg.jp

先頭へ戻る

Copyright (C)   ゴールドカード比較ランキング All Rights Reserved.