ANAダイナースカード

ゴールドカード比較

ANAダイナースカードは国内の大手航空会社ANAと
ダイナースクラブが提携して発行しているゴールドカードです。ANAダイナースカード

ゴールドカードTOP > ANAダイナースカード

ANAダイナースカード ステータスもANAマイルも欲しいあなたに

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードはステータス性で圧倒的な実力を誇るダイナースクラブカードのサービスや機能はそのままに、ANAのマイレージサービス『ANAマイレージクラブ』のマイルの貯めやすさをプラスしたクレジットカードです。

ANAのフライトマイルにボーナスマイルが加算される他、ダイナースクラブカードとして利用した際に貯まるポイントをマイルに無料移行することが可能なので、二重にマイルを貯めることができます。

ANAダイナースカードは、ゴールドカードのステータスもANAマイルも欲しいというぜいたくな願いを叶える多機能性の豪華なカードと言えるでしょう。

今ANAダイナースカードに入会すると、入会ボーナスとして2,000マイルがプレゼントされる他、ビジネス用として使い分けることができるビジネス・アカウントカードの手数料が2年間無料になるキャンペーンが適用されます(通常2,100円/年)。

>>ANAダイナースカードの公式サイト

ANAマイルがどんどん貯まる

ANAダイナースカードを語る上で、ANAマイルの存在は無視できない重要ポイントです。

ゴールドカードのステータス性だけならダイナースクラブカードで十分ですが、ANAマイルを貯めるとなれば、断然ANAダイナースカードに軍配が上がります。

ANAダイナースカードでANAマイルを貯める方法は全部で3つ。

1つ目はフライトマイルを貯める方法

ANAマイレージバンクに加入した上でANAの飛行機に乗ると、区間マイルに応じてANAマイルが加算される仕組みになっています。

通常、このフライトマイルは基本区間マイルのみの加算となりますが、ANAダイナースカードを利用すると、通常のフライトマイルに加え、ボーナスマイルとして基本区間マイルの25%分が上乗せ加算されるようになっています。

同区間を4回フライトした場合、5回分相当のフライトマイルが加算されることになるので、ANAの飛行機をよく利用する人にとってはまたとないサービスになっています。

2つ目はショッピングマイルを貯める方法

ANAダイナースカードをダイナースクラブカードとして利用すると、利用金額に応じてダイナースクラブカード独自のポイント『クラブポイント』が加算されます。

このクラブポイントには有効期限がなく、カードを保有している間は永遠に貯めることができる上、クラブポイント1ポイント(10,000円利用分)は100ANAマイルとして移行することが可能です。

移行手数料は無料なので、いつでも好きな時に、好きなだけ移行することができます。

そして3つ目は、電子マネー『Edy』で貯める方法

Edy』は全国各地のEdy取り扱い店で利用できる便利な電子マネーです。

ANAダイナースカードにはEdy機能が付帯されており、クレジットカードからEdyにチャージしたり、Edyで支払いを済ませたりすると、200円の利用ごとに1マイルが加算される仕組みになっています。

貯めたANAマイルは無料航空券や座席のアップグレードの他、Edyをはじめ、楽天スーパーポイントやTポイントなどに交換することが可能です。

ANAダイナースカードは、さまざまな方法で効率的にANAマイルを貯められるところが大きな魅力となっています。

ゴールドカードとしての快適サービスも満載

ANAダイナースカードは、マイルを貯めやすいという特徴の他に、ゴールドカードとしての快適サービスも満喫することができます。

ダイナースクラブが展開する国内外空港のクラブラウンジの無料利用をはじめ、最高1億円の補償額を誇る国内外旅行傷害保険の付帯、年間500万円まで補償してくれるショッピング保険の付帯など、安心と快適の旅行サービスを提供します。

また、利用限度額に一律の制限を設けていないのもANAダイナースカードの魅力のひとつ。

長期の旅行や日常の高額な買い物まで、カード一枚で事足りてしまいます。

さらに、ビジネスアカウントカードを発行すれば、プライベート利用分とビジネス利用分を使い分けることも可能。経費精算の手間が大きく省けるので、利便性も抜群となっています。

ANAダイナースカードの概要

入会基準 原則として33歳以上
勤続10年以上の役職者または自営10年以上
自家保有の人
(またはそれに相当する社会的ステータスを持っている人)
年会費 本人:22,500円
家族会員:6,300円
利用可能額 一律の制限なし
旅行傷害保険 海外・国内ともに最高1億円まで
ショッピング保険 年間500万円まで
カードローン金利(実質年率) 13.8%
キャッシング金利(実質年率) 29.2%
リボルビング払い手数料(実質年率) 13.2%
支払い方法 一括払い
ANAダイナースカード ⇒ANAダイナースカードの公式サイト

先頭へ戻る

Copyright (C)   ゴールドカード比較ランキング All Rights Reserved.