マイルを貯めやすいゴールドカード

ゴールドカード比較

ゴールドカードの中には、JALやANAのポイント『マイル』が貯まりやすいカードが存在します。マイルを貯めやすいゴールドカード

ゴールドカードTOP > マイルを貯めやすいゴールドカード

マイルを貯めやすいゴールドカード

マイルとは各航空会社が独自に展開しているポイントプログラム『マイレージ』で貯めたり使ったりできるポイントのことです。

マイルを一定以上貯めると、その航空会社の無料航空券に交換できたり、座席をアップグレードしたりすることができます。

飛行機に乗って旅行に行くのが好きな人にはぴったりのサービスです。

ゴールドカードの中には、このマイルを貯めやすいカードがいくつか存在します。

ここでは、国内の二大航空会社JALとANAのマイルを貯めやすいゴールドカードを紹介します。

JALダイナースカード

JALダイナースカードはJALとダイナースクラブが提携して発行しているゴールドカードです。

JALカードはもともとJALマイルを貯めやすい仕様になっていますが、その中でもJALダイナースカードはフライトマイルやショッピングマイルが他のカードより貯めやすくなっています。

たとえば、カード入会後、初めてのフライトでは、入会搭乗ボーナスとして5,000マイルがプレゼントされる他、毎年初めてのフライトでも2,000マイルが付与されるようになっています。

さらに、通常の区間マイルに加え、ボーナスマイルとして区間マイルの25%が上乗せされます。

年に何回も飛行機に乗る機会がある人なら、あっという間に目標マイル数まで貯めることができるでしょう。

もし年に1~2回くらいしかフライトしなくても大丈夫。JALダイナースカードを利用してショッピングすると、100円の利用ごとに1マイル、特約店の利用では100円の利用ごとに2マイルが加算される仕組みになっています。

このショッピングマイル加算率は通常のJALカードの2倍となっており、ショッピングでのマイル貯蓄が容易になっています。

もちろん、ゴールドカードならではの機能やサービスも付帯してくるので、マイルも機能もサービスも欲しいという人にはまさにうってつけのカードと言えるでしょう。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードは、ANAとダイナースクラブが提携して発行しているゴールドカードです。

ANAダイナースカードの特徴は、マイル加算のバリエーションが豊富なことにあります。

まず、カードに入会すると、通常入会ボーナスマイルとして2,000マイルがプレゼントされます。

その後の加算方法としては、フライトマイル・ショッピングマイル・電子マネー『Edy』があります。

ANAダイナースカードに入会すると、通常のフライトマイルに加え、区間基本マイレージの25%のボーナスマイルが加算されます。

ショッピングマイルに関しては、ANAダイナースカードを利用してショッピングすると、ダイナースクラブのポイント『クラブポイント』が貯まります。

クラブポイントには有効期限がなく、いつでもマイルへの移行が可能。移行手数料は無料なので、損をすることもありません。

さらに、ANAカードマイル+提携店や対象商品に対してカードを利用すると、クラブポイントに加え、100円=1マイルまたは200円=1マイルが別途加算されます。

そして最後は電子マネー『Edy』によるマイル獲得法です。

ANAダイナースカードにはEdy機能が付帯しており、クレジットカードからEdyにチャージすると、チャージ利用金額に応じたANAマイルが加算されます(200円=1マイル)。

ANAダイナースカードは、ANAを利用することが多く、マイルを貯めている人にとっては非常に使い勝手の良いカードとなっています。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

日本初の老舗ゴールドカード!世界で通用するセレブ感!S
www.americanexpress.com

セゾン プラチナアメリカンエキスプレスカード

一生のパートナーとしてワンランク上のライフスタイルを提案!
www.saisoncard.co.jp

MUFGカード ゴールド

ご入会サンクスプレゼント実施中!最大1600ポイントプレゼント!
www.cr.mufg.jp

先頭へ戻る

Copyright (C)   ゴールドカード比較ランキング All Rights Reserved.