ゴールドカードのメリットとデメリット

ゴールドカード比較

ゴールドカードを持つと、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ゴールドカードのメリットとデメリット

ゴールドカードTOP > メリットとデメリット

ゴールドカードのメリット

ゴールドカードのメリットは大きくわけると3つあります。

1つは利用限度額が高いこと

比較的手に入れやすく、安価に維持できるクラシックカードの場合、利用限度額は高くても50万円程度が上限です。それ以上設定したいのならば、ある程度カードを利用して相応の実績を手に入れる必要があります。

しかし、ゴールドカードは最低でも50万円から始まり、最高額は100万~200万円となっています。

ちょっとした車なら購入できてしまうところですね。

普段カードでそれほどショッピングしないという人も、何かあったときを考えると、利用限度額に余裕のあるカードを持っていると何かと便利です。

2つめは、カード付帯保険およびサービスが充実していること

クラシックカードでも、有料のものであれば最低限の保険がついている場合がありますが、たとえば国内外旅行の傷害保険の補償額は1000万円程度が目安となっています。

一方、ゴールドカードの場合、傷害保険が必ずついている上、補償額も5000万円ほどとクラシックカードとは比べものにならない充実さです。

カードによっては補償額が最高1億円というものもあります。旅行先での万一の事故を考慮すると、やはり5000万円以上の補償額は欲しいものですね。

また、カード付帯保険以外にも、空港ラウンジが無料で利用できたり、ホテルやレストランで優待割引を受けられたり、サポートデスクがゴールドカード専用だったりと、ゴールドカードならではのサービスがいろいろ付帯してきます。

そして3つめは、ゴールドカードを持っているというステータスが手に入ることです。

ゴールドカードは一定の社会的地位を持っている人でなければ入手できない特別なカードです。

入会するにはクレジットカード会社による審査をパスする必要があり、勤続年数や年収、年齢、カード利用実績など、さまざまな要素を厳しく審査されます。

その結果、審査をクリアした人にのみ、ゴールドカードを持つことが許されます。

社会的地位があると認められた人だけが持つゴールドカードは、自分の地位をアピールできるステータスのひとつとして認識されることでしょう。

ゴールドカードのデメリット

ゴールドカードの唯一のデメリットは、年会費が高いことです。

クラシックカードの場合、最も安いものになると無料。有料のものでも年会費は2000~3000円くらいが主流となっています。

一方のゴールドカードは、年会費1~3万円が平均額となり、クラシックカードの実に3倍以上となっています。

無料でクレジットカードが入手できる現在、高い年会費を払ってまでクレジットカードを持ちたくないという人も多くなっています。

しかし、ゴールドカードには、クラシックカードにはないさまざまなサービスや機能が自動的に付帯してきます。

また、年会費1~3万円と言うと高く聞こえますが、月々の利用額として考えると、約1000円~2500円です。

月額3000円未満の差額で、利用限度額、カード付帯保険、充実のサービス、ステータスが手に入るのなら、むしろ安価であると言えるのはないでしょうか?

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

日本初の老舗ゴールドカード!世界で通用するセレブ感!S
www.americanexpress.com

セゾン プラチナアメリカンエキスプレスカード

一生のパートナーとしてワンランク上のライフスタイルを提案!
www.saisoncard.co.jp

MUFGカード ゴールド

ご入会サンクスプレゼント実施中!最大1600ポイントプレゼント!
www.cr.mufg.jp

先頭へ戻る

Copyright (C)   ゴールドカード比較ランキング All Rights Reserved.